愛知県安城市で、地域猫活動のお手伝いをしているボランティア団体です

猫を飼いたい

  • HOME »
  • 猫を飼いたい

保護猫を家族に迎えたい

当会の猫譲渡の流れをご説明します。

1.お申し込みには以下の条件があります

1. 安城市および周辺在住の20歳以上の方であること
2. 同居の家族全員が飼うことに賛成していること
3. 飼育可能な住居であること
4. 完全室内飼いすること
5. 当会にことわりなく猫を他人へ譲渡しないこと
6. 未手術の場合、避妊去勢手術を必ず実施すること(手術に支障があると獣医師が判断した場合を除く)
7. 家族の一員として終生飼養すること
8. お届けの際に飼育環境を確認させていただけること(玄関先ではなく、実際に猫を飼育する場所を拝見させていただきます)
9. ご高齢者だけの世帯、おひとり世帯は準飼育者がいること
10. 医療費および諸経費のご負担についてご同意いただけること

また、猫についてはこちらをご一読ください。譲渡会で配布している文書です。


猫との面会・譲渡にあたって

保護猫の譲渡会にお越しいただきありがとうございます。

私たちはすべての猫に幸せに生きてほしいと願ってこの活動をしております。家族の一員に迎えていただくご縁になりましたら幸いです。
譲渡は当方がご自宅までお届けします。その際飼育環境を確認させていただいて、当方が不適切であると判断した場合、譲渡をお断りすることがあることをご了承ください。

また、安城市周辺よりも遠方の場合、高速道路料金等のご負担をお願いすることがあります。

【譲渡対象の猫について】
当会の猫たちは身元、血統や保護されるまでの生育環境がはっきりしていません。そのため母子感染や先天的疾患などがある可能性を含むことをご理解ください。

動物病院で健康チェックは行っていますが必ずしも状態を保証するものではないことをご了承ください。

見逃している場合や、治療済みであっても再発することもありますので、その際はかかりつけの動物病院にて治療をお願いします。

【猫とのくらしについて】
猫の寿命は長いと20年になります。ライフスタイルの変化や世話を一緒にできる方についてご考慮願います。保護猫の預かりボランティアも募集しています。

【誓約書記入のお願い】
譲渡時に、当会の譲渡条件を遵守していただく旨の誓約書にご署名をお願いしております。文面をよくお読みになりご署名のうえ、正式譲渡時にご提出ください。

【医療費および諸経費のご負担について】
保護した際、動物病院に受診し医療ケアを受けております。生後半年以上の猫は避妊去勢手術とfiv,felv血液検査(猫エイズ、猫白血病)を受けています。そういったものにかかりました最低限の費用と諸経費を飼い主になる方にご負担いただいております。(また、避妊去勢未手術の場合、一時預かり保証金をお願いしています。これは避妊去勢手術を完了しましたら返金いたします)金銭的なご支援によって次の一匹の保護につながります。ご協力をお願いいたします。ご負担金は猫のお届けの際に納金願います。

一匹あたり

検便と駆虫 1,000円
血液検査(fiv,felv) 4,000円
3種混合ワクチン一回 4,000円
去勢手術費用 7,000円 避妊手術費用 10,000円 手術済みの場合どちらか
運営費 2,000円 交通費などの経費
保護活動費 3,000円 飼育費補助
一時預かり保証金 10,000円 避妊去勢手術後に返金します

【仮譲渡期間について】
はじめの2週間はトライアル(仮譲渡期間)です。この期間内に正式に飼うかどうかの判断をお願いします。飼えないという場合は運営費を除いた全額を返金いたします。
そのほか、猫の飼育方法や健康管理についてのご相談を受付けております。


2.譲渡について了承いただけましたら、「猫の譲渡申込書」にご記入をお願いします。

猫の譲渡申込書

3.お届けの日時を設定します

4.当方が猫をご自宅までお届けしまして飼育環境を確認させていただいたのちお引き渡しとなります。 

5.2週間を目安に正式譲渡かお戻しか判断をお願いします。正式譲渡の際には譲渡条件を守る旨の誓約書をご提出ください。

6.避妊去勢手術をしましたらご連絡ください。返金手続きをおとりします。

PAGETOP
Copyright © あんじょう地域ねこの会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.