愛知県安城市で、地域猫活動のお手伝いをしているボランティア団体です

猫の里親募集をしたい

  • HOME »
  • 猫の里親募集をしたい
飼い主のいない猫を保護しているが、飼ってくれる人を探したい・・・。
あんじょう地域ねこの会では里親募集のお手伝いをいたします。
※完全室内で保護していない(野良)状態の猫は譲渡対象にできません。まずはこちらへ→野良猫のひろいかた
会としてネットでの里親募集をしたり、
会の譲渡会へ参加をしていただくには以下をお願いします。
・動物病院へ受診して健康チェック、検便、駆虫をしてください
・生後半年以上くらいの場合は血液検査(fiv,felv)と避妊去勢手術をしてください
・室内での保護(感染症の潜伏期間として、2週間経過が目安です)
・3種混合ワクチン接種をお願いします
・トイレのしつけをしてください
トライアル(仮譲渡)申込みがあった場合、
責任をもって譲渡するため以下の方針に沿っていただくことを了承ください。
1. 譲渡条件を守ることを里親さんに誓約してもらいます。
引き渡しは里親さん宅まで行き、飼育環境を確認します。
これは譲渡した猫が再び不幸な目にあわないためにやっています。残念ながらすべての応募者が良い里親とは限りません。
県内でも虐待目的・無理な多頭飼育からの飼育放棄・不審死などの事例がありました。
また、他県では保護団体から引き取った猫5匹を虐待、殺傷し懲役刑をうけた人物がいます。
人を審査することは難しいのですが、お宅を訪問して実際に見ることで悪意のある人を排除したいと考えます。
2.里親さんにそれまでの飼育にかかった費用を一部負担してもらっています
 医療費、運営費・保護活動費の負担をお願いしています。このうち預かりボランティアさんに、負担した医療費と保護活動費(エサ代など)を返金しています。
これは、預かりボランティアさんや会の金銭的負担を少なくし、多くの人に預かりボランティアに参加しやすくするためと、一匹でも多くの猫の保護につなげるためにおこなっています。
一匹あたり 検便と駆虫 1000円
血液検査(fiv,felv) 4000円
3種混合ワクチン一回 4000円
(去勢済みの場合)去勢手術費用 7000円
(避妊手術済みの場合)避妊手術費用 10000円
運営費(事務手数料) 2000円
保護活動費 3000円
(去勢避妊未手術の場合)手術預かり保証金 10,000円(避妊去勢手術後に返金します)

趣旨をご理解のうえ、里親募集エントリーをお願いします。

ご質問・お問合せなどもこちらへお願いします。

info@anjocat.org
PAGETOP
Copyright © あんじょう地域ねこの会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.